スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法の粉

20060627203715.jpg


連日の雨、そしてその後の蒸し暑さで、冷たいものを食べては、なんだかやる気のない日々を過ごしていましたが、そろそろ重い腰を上げて、しなければならないことがあります。それは、大掃除。というのも、いつも、お正月前と熱い夏に到来する前になんとなく大掃除をするはめになります。多分半年分の積もったものを整理しないとなんとなく息苦しいのかもしれません。5月の気候のよい時にする方がよいのでしょうが、明日やろう明日やろうといっているうちに梅雨入りし、梅雨明け間じかで大慌てしてしまうというのがいつものパターンです。真夏を風とうしよく涼しく過ごすためにも、ここはひとつ気合を入れて掃除します。さらに、しばらく、家を留守する予定なので、尚更、整理整頓、お掃除が必須です。さて、その時に大活躍するのが、この炭酸ソーダです。特に台所まわり、ステンレスの流しやレンジ周り、そして、やかんを磨いたり、トイレにと万能なのです。しかも、口に入れてもOK. お菓子を膨らませたり、あく抜きの時に使います。あまりの重宝さに、私は、洗顔や歯磨きにも使用しています。その効能は、多岐にわたり本当に素晴らしく、そしてなによりうれしいのは格安なのです。さらに、環境にやさしいエコロジー製品でもあります。(というわけでコマーシャルしちゃいました。)ちなみに上記掲載品は240g入りで100円です。
ネット DE ヨーガは続きをどうぞ。


more...

スポンサーサイト

theme : エコロジーライフ
genre : ライフ

夏のおちらし(青紫蘇すし)

20060628133015.jpg

赤紫蘇に感謝したのがよかったのか、庭の神様は、希望通り青紫蘇も届けてくれました。雨の合間の土が乾かないうちに雑草取りしようと庭に出ると、一番奥まったところで発見。やったー!と叫び、神様は「これも食べろ??」言っているのだと、再度都合のいい解釈のもと何枚か摘みました。赤紫蘇よりはずっと控えめで少ないので、「大事にするねー。」なんて話しかけつつ、フト、実は食べてしまうのだから、青紫蘇の身になれば『ヤバイ、見つかってしまったか』なんて思っているかな?なんてとりとめもなく思ったりもするのです・・・・・。さて、細かく刻んだ生姜、塩もみした胡瓜、青じそのみじんきり、それにバジルの葉っぱをみじん切り。それにお酢を加え黒ごまをひとふり、さわやか、夏のおちらしなんて気分で作りました。あまりに青紫蘇の葉っぱが生き生きとしているので、それで包んでみました。クリームチーズを少しトッピングすると味が複雑になって美味です。サラダ感覚で、いつもより多めに食べてしまいました。注意しましょう。

20060628135547.jpg


ネット DE ヨーガは続きをクリック

more...

theme : 今日のご飯
genre : ライフ

冷たいスープ

20060627200021.jpg

茹でたじゃがいもときゅうり、それにヨーグルトと牛乳を加え塩、胡椒して、ミキサーで一気にガーッと回して出来上がり。青臭いのがどうも苦手と言う方は、お鍋に入れて沸騰しない程度で2~3分煮るとかなりマイルドになります。それでも気になる方は、十分に火を通すといいかもしれません。暖かくても冷たくしてもおいしいスープです。分量はお好みで加減すればよいと思いますが、きゅうりが少ないと、緑の色がなく、ポテトスープのようになります。ちなみに私はきゅうりを1本、じゃがいも小1個、ヨーグルトカップ1.5、牛乳50cc程度でした。時間を多少置いても、涼やかなグリーンの色はそのままです。市販のチーズピツァと一緒に軽めのランチにしました。

ピツァを焼き過ぎてしまいました。
20060627200730.jpg


ネット DE ヨーガは続きをクリック。

more...

theme : こんなの作りました♪
genre : 趣味・実用

夏野菜の向こう付け

20060626211427.jpg

言葉の意味がはっきりわからないまま、イメージのみで使うことが特技?な私は、向こう付けという言葉もはっきり意味合いを理解しているわけではありません。多分、日本料理の本で見かけた言葉で、中鉢にお野菜の炊き合わせなどが盛られたものをいうのだろうと勝手に思っています。さらにうろ覚えですけれど、懐石料理の煮物がよく盛られたその器をお向こうと呼んでいるのではないか?と思ったりもします。つまり、ひょっとすると、お料理の呼び名ではなく、器の名称あるいは器の置く位置?かもしれません。なんだか憶測ばかりをくどくどと話してしまいました。さて、連日の蒸し暑さ、さっぱりしたものが欲しくなります。焼きなすは皮をとり、オクラは塩茹で、それにきゅうりの塩もみです。お塩以外の調味料は使わず、そのままいただきました。さすが旬な野菜、どれも大変おいしかったです。

ネット DE ヨーガは続きをクリック

more...

theme : こんなの作りました♪
genre : 趣味・実用

庭からの贈り物

20060626110457.jpg


現代ヨーガアシュラムの中の彰子先生のブログ、6/19日は切子の美しいグラスに入った赤しそジュースでした。(リンクコーナーからクリック)
それがずっと気になっていました。というのも、台所のドアを開けると、赤紫蘇がいつのまにか一隅を埋め尽くしているのです。植えた覚えがないし、去年はこんなことはなかったので、最初に見たときには「青紫蘇だったらよかったのにー。」なんて、咲いている赤紫蘇に失礼なことを思いつつ、そのままにしていました。しかし、あまりにきれいににこにこと咲いている様子に、これは、庭からの贈り物にちがいないと都合よく解釈し、「そうだ赤紫蘇ジュースだ」と思い立ちました。お鍋に水と赤紫蘇を適当に入れて煮出すだけ。そのまま、ストレートで飲んでもおいしいのです。(りんご酢や蜂蜜などをプラスするとさらに美味かも?)梅雨の晴れ間のあのスッキトしたような味わい。しばらく自然の恩恵に感謝しつついただくことにしました。彰子先生のブログと赤紫蘇に合掌。 

ワイングラスに入れると、その輝きは・・・・・。
20060626114521.jpg

                    
雑草とともに・・・・・。                    
20060626113834.jpg


ネット DE ヨーガは続きをクリック

more...

theme : めざせ 美肌!
genre : ヘルス・ダイエット

ベジバーガー(エッグ入り)

20060625100426.jpg

バンガロールの中心部、ガンジー通りは、ここがインドかしら?と思うほど、モダンな店舗が軒を連ねています。当然、観光客や、ビジネスマン、インド人以外の外国人をよく見かけます。そのガンジー通りから一本横道にそれると、マクドナルドがあって、インド料理に飽きた観光客やこどもたちでいつも一杯です。南インドは、お肉も魚も卵すらたべないピュアベジタリアンの人たちが多く、マクドナルドのメニューもVeg.バーガー(野菜バーガー)というものがあって、それをよく食べました。で、あの味、再現してみようと思い立ちました。さあ、ゆでたジャガイモをマシュしてカレーパウダーで味をつけたものをディプのようにのばし、スライスしたきゅうりとブロッコリーのみじん切りをマヨネーズで合え、塩コショウ。それにトマトのスライスとチーズをはさみました。そうそう、これ、従兄の家に遊びにいくための手土産でしたので、味にこく?を持たせるために、卵焼きも入れました。「食べる前に、オーブンかレンジでチンすると、チーズがとろけておいしいはず。」と言って手渡しました。ちなみにあまり上出来とは言えませんが、パンも手作りです。さてさて、お味は・・・・? 実は私の分まであげることになり味見していません。イメージとしては、スパイシーな野菜バーガーを目指したのです。

20060625100613.jpg



ネット DE ヨーガは続きをクリック

more...

theme : こんなの作りました♪
genre : 趣味・実用

おかまパン??

20060623221753.jpg


炊飯器で作るお釜パン、例のごとくお料理ブログを見ているうちにばったりと出会ってしまいました。専門家の方が紹介していらっしゃるのだけれど、バター、油、卵なしと画期的な材料に“よし、作るぞ!”と闘志が燃え上がるのです。通常のパン作りより、はるかに簡単、スムーズに出来ていくのですが、実は私、失敗しました。油かクッキングペーパーをひくのを忘れて直に置いてスイッチいれたので、底がくっつき、無理やりお釜からはがすはめになったのです。その時点でふっくらがぺしゃんこ、ああ、失敗。でも、ぱくりと一口食べたら“おいしい”お味がとてもよいのです。気を取り直して、なんとか写真に収めてみました。作り方はこちらをクリック→All About [料理のABC]

クリックしてもすぐには作り方のところに飛びません。
「バターも油も一切使わないお釜パン」という項目のところの作り方を参考にしてあります。念のため、材料と作り方を記入します。
詳しくは上記サイトをご確認ください。

■材料■ 5合炊き炊飯器使用

・強力粉 ..................200g
・ドライイースト .........小さじ1と1/3
・砂糖 ...................大さじ2
・塩 .....................小さじ1/3
・牛乳 ...................140cc
・打ち粉 ..........少々

■作り方■

1. ボウルに強力粉、イースト、砂糖、塩を入れ、泡だて器でかき混ぜる。

2. 牛乳を電子レンジで40℃ほどに温め (指を入れてみて、温かいと感じる程度。冷蔵庫から出したばかりの牛乳なら、500Wの電子レンジで40~50秒位。) 粉に注ぎいれて箸でかき混ぜ、水分が均等になったら、ラップをふんわりかけて、10分ほど置く。

3. 4~5分間、こねたり、持ち上げて叩きつけたりして、手やボウルにくっつかなくなったら、丸めて内釜に収め、霧吹きで濡らしたラップをかぶせて蓋をして、保温スイッチを入れる。

4. 保温10分→スイッチを切って30分おき、生地が2倍ほどに膨らんだら、打ち粉をふったボウルに取り出し、こぶしで押してガス抜きし、上下左右に折って畳んで、折り目を指でつまんで閉じて、丸く成形して内釜に戻し、生地の上から霧吹きし、ラップにも霧吹きしておおい、保温スイッチを入れる。

5. 保温10分→スイッチを切って15~20分おいて発酵させ、2倍~2.5倍ほどに膨らんだら、ラップをはずして普通に炊く。

(圧力式炊飯器なら圧力がかからないメニュー<<寿司飯・カレーご飯等>>を選ぶとよい。)

6. スイッチが切れたら取り出して、網の上で冷まし、ラップで覆うか、ビニール袋に入れて保存する。

このサイトで使用しているのは三洋の圧力IHジャー炊飯器 5.5合炊き
だそうです。

       ****************

お釜の中を覗いてみれば・・・・・。(我が家のお釜はナショナル)

20060623222032.jpg


スライスしてみると・・・。あつあつは、もちもち&ふくっらで何もつけなくてもおいしい!!

20060623222204.jpg


ネット DE ヨーガは続きをクリック

more...

theme : 手作りパン
genre : 趣味・実用

おからディップ

20060623090409.jpg


おからにヨーグルトとマヨネーズを入れてくるくる混ぜて、塩コショウ、あーら不思議。まるでクリームチーズのよう。トマトにのせて、バジルを添えると、定番、チーズとトマトのイタリアン前菜サラダのようになりました。さらに、このディップ、パンに塗ってよし、パスタにトッピング、あるいは、冷奴に乗せて、お醤油かけてもおいしい。ミントの葉っぱを刻んで、ココナッツミルクでのばすと、さわやかミントソース風。インドでドーサというお好み焼き風のパンケーキにつけてよく食べたあのソースを思い出します。バンガロールの朝ごはん。それにスプラウトのような生のもやしが添えられていました。もちろん、おからは入ってはいませんでしたよ。さて、お豆腐屋さんで出来立ておからをただでもらえるし、ヘルシーこのうえない食材、例のシンプル、リーズナブル、ヘルシーと三拍子そろった優れものヨギックダイエット食材です。このおから、お菓子にも応用できそうーです。

20060623090606.jpg

more...

theme : こんなの作りました♪
genre : 趣味・実用

緑茶のマフィンとチーズクリームマフィン

20060621224648.jpg


チーズクリームマフィン(プレーン)と同じ生地にくずくずのお茶の葉をプラスした緑茶のマフィンを作りました。最初、緑茶マフィンのみのつもりでしたが、初めて作るので、まずは半量で試してみることにしました。Sunny's Laboratory のレシピ136番のポピーシード&チーズクリームケーキを参考にアレンジしたものです。ポピーシードを緑茶に変えています。

材料
有塩バター 100g 砂糖 70g 卵 2個 アーモンドパウダー 50g
薄力粉 70g お茶の葉 大さじ1.5 ベーキングパウダー 小さじ1
クリームチーズ 50g 牛乳 小さじ1

作り方
1. 柔らかくしたバターと砂糖をよくすり混ぜます。
2. 卵をひとつずつ加えてよく混ぜます。
3. アーモンドパウダーを入れてさらに混ぜる。
4. 薄力粉、ベーキングパウダーを一緒に量っておく。
5. 3にクリームチーズに牛乳を加えて柔らかく練ったものと合わせる。
6. 粉類を加えてゴムベラで全体をなじませるようにさっくり混ぜる。
7. 粉気がなくなったら生地の出来上がり。
8. 半分の量を取り分けて、お茶の葉を入れてさっくり混ぜる。
9. 紙カップに入れます。(約9個)
10 予熱したオーブン170度で30分ほど焼く。

しっとりとおいしいマフィンです。お茶の香りとほんのり渋みも新鮮です。お砂糖も30g減らしましたが、甘さはOKでした。写真では7個ですが、後の2個の緑茶マフィンは形を変形させたので盛り付けませんでした。
ネットDE ヨーガは続きをクリック

more...

theme : こんなの作りました♪
genre : 趣味・実用

パーティ料理

インド滞在中の約2年間はほとんど菜食の日々で、それを特に苦痛も感じず、というよりも、むしろ、お野菜の味がしっかりとしていてとてもおいしかったので、お肉や魚なしでもまったく平気でした。ヨーガでは食に対しては、特に修行中はあれやこれやと気をつけるようにと言われています。前にも書きましたが、食が心に影響を与えると言われているからです。けれども、日本に戻って以来、お正月やお盆、結婚式などのパーティーの席では、少しだけですがお魚やお肉を味わいます。千香子さんの展示会のオープニングパティーの大皿料理、さすがにアートギャラリー、“器とお料理の美しい出会い” 見るだけでも楽しくなります。

20060621125120.jpg


                     20060621125258.jpg



20060621125508.jpg


                      20060621125658.jpg


20060621125846.jpg


                      20060621130050.jpg



ネット DE ヨーガは続きをクリック

more...

theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

千香子さんがやって来た。

常滑在住の陶芸家、吉川千香子さんがやってきた。絵本から飛び出したようなキュートでユーモラスな作品を作る千香子さんは、本人も作品に負けず、とってもチャーミングな天才肌。その数々の作品を見ると、どれもこれも思わず微笑まざるをえないような幸せな気持ちにしてくれます。千香子さんは、わたしの大好きな作家さんの1人で、しかもとってもスペシャルで大事な人、今ではすっかり身内のように、甘えさせていただいています。いつまでたっても小さい女の子のような千香子さんは、我が家に2日間滞在して、本日、魔法のほうきに乗るようにひゅっと帰ってしまいました。千香子さんの作品の数々から少しだけ紹介します。

20060620020413.jpg


                       20060620020729.jpg


20060620021012.jpg



                       20060620021237.jpg


20060620022235.jpg


                       20060620022824.jpg


20060620023423.jpg


                       20060620023217.jpg



20060620025640.jpg


 吉川千香子 うつわ展 2006,6.17-6.27
 White Galleryにて開催中。
 鹿児島市下竜尾町25-7 TEL099-248-3904
http://www.white-gallery.com


ネット DE ヨーガは続きをクリック

more...

theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

3分で丸々お団子

20060616044607.jpg

耐熱ボールに60gの白玉粉か上新粉に大匙1のお砂糖、お水を70cc入れて、ラップなしで1分(900Wの場合)、くるっとかき混ぜて、さらにラップなしで10秒(900W)、ちょっとさめてから手にほんの少しの水をつけて丸める。丸々の1人分お団子の出来上がり。そのままパクリでもおいしいし、きな粉をかけてもよし。あるいは、砂糖と水、おしょうゆでタレを作ってトロリとかけてもよし。両方すればもっと美味、それはお好みでどうぞ。お庭の紫陽花のはっぱの上に載せてみました。一番上の姉の友人から教わりました。その時、いただいたのは、小豆と苺の入った、苺大福でした。

納豆でパスタ その2

20060616233905.jpg

「また、納豆パスタか?」なんて声が聞こえてきそう。そうなんです。納豆、豆腐、梅干、ひじき、干し大根、人参はわたしの常備食。そして、パスタとカレーは週に最低1回、多いときは連日続けて食べても平気というほど好きなのです。多分、皆もそうかもね?。さてさて、基本的にあるもので作るをモットーしているので、本日のパスタは湯がいた後に、赤紫蘇の塩漬けをみじん切にしたものをまぶし、炒めたたまねぎとパセリ、その上に納豆をのせているだけ。納豆のタレと赤紫蘇の塩気、たまねぎとパセリの塩コショウ炒めでお味はもう十分ついています。ですから、このパスタゆでるときに塩を入れていません。それがポイント。気分を変えるために、アンティークの染付けの角皿に盛り付けてみました。器が変化するとお味もまた新鮮さを増す。気は心?でしたっけ。器や盛り付け方もきっとお味を左右する大切な要素にちがいありません。お好みでお酢を数滴たらしてもGOOD!!
ネット DE ヨーガは続きをクリック。

more...

theme : こんなの作りました♪
genre : 趣味・実用

ベーグルで朝ごはん

20060616001812.jpg


外は雨。冷蔵庫は空っぽ。あるのは、たまねぎ、わかめ、りんごの切れ端と粉類。買い物に出かけるのは億劫だし、あるもので工夫。と思いついたのが、3 step cookingのヤミーさんのベーグル。ちゃちゃと作って、本当にあっという間に出来上がり。残り物3種はフレンチドレッシングであえてサラダに。冷蔵庫の奥をごそごそして見つけたクリームチーズとブラックベリーのシロップ漬けを添えてみました。ちょっと焼きすぎ気味だけれど、外パリッで中もちもちはヤミーさんおっしゃる通りです。まだまだ納得のいく出来と言えませんが、お腹の方はとりあえず一杯になりました。ベーグルの作り方はヤミーさんのブログを見てください。リンクコーナーからどうぞ。
ネットDE ヨーガは続きをクリック

more...

theme : こんなの作りました♪
genre : 趣味・実用

なごみの時間 (冷やし芋ぜんざい)

20060614234148.jpg

お餅のかわりに、細切れのさつま芋の入った冷やしぜんざい。蓋つきガラスの器に入って運ばれてきました。見た目の涼しさとすっきりした甘さ。ひんやりと喉を通って、「ああ、夏のおやつだなー」としみじみ味わいました。熱いインドの国でも、甘いお菓子はたくさんあったけれど、このような見た目の涼しさを演出するようなものには出会った記憶がありません。季節感あふれる日本人らしい感性、その繊細な演出はお料理ばかりでなく、さまざまなところに及んでいます。ちなみにここのテーブル、火鉢にガラスの天板を載せて中の様子が見えます。冬には炭が入っているところに、この季節は、ミニ盆栽が置かれてありました。ささやかな夏のしつらい。本来ならば、暑さを思い出させる火鉢があっという間に涼を呼ぶ夏のテーブルに変身です。民家の和風カフェ、縁側に陣取ってなごみのひと時を過ごしました。

20060614233939.jpg



ネット DE ヨーガは続きをクリック

more...

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

器もごちそう (黒糖カステラ?)

20060614004720.jpg

黒糖カステラ? いいえ、なんと人参ケーキ。R*さんのバナナケーキのレシピを半分の分量に、しかもバナナを人参に、そして砂糖は黒砂糖に変えて作ってみたのです。我が家では黒砂糖が大活躍。しかし、このケーキ、見た目も、食べても、人参は感じさせません。それで、漆の器に日本茶で黒糖カステラのように盛り付けました。器が変化するだけで、ぐっと、和菓子のようになります。人参苦手なこどもにも抵抗なく食べられそう。成分的には人参、黒砂糖ですから、ヘルシーおやつです。赤い椿皿でおめかし。でも、人参の美しい赤と風味を味わうにはやはり白砂糖がよいのだと思いました。次回に挑戦します。

20060614010539.jpg
  
器を織部の六角皿に変えてもよいなと思いました。
ネット DE ヨーガは続きをクリック

more...

theme : 手作りお菓子
genre : 趣味・実用

徳之島産アオサ豆腐味噌スープ

20060613002747.jpg


ご飯を切らしたある日の夕食。アオサと豆腐の味噌汁をたっぷりとスープのように盛り付けてみました。アオサは徳之島の海で姉が手摘みし、冷凍して、お土産で持ってきたものです。磯の香りがフワーット広がります。水菜、きゅうり、ブロッコリー、トマトのシャキシャキサラダ。そして、オクラとじゃがいもを茹でたもの。お腹すいていたので、急いで盛り付けたため、お皿からは見出し気味。野菜尽くしの夕食は、こんなに量を食べても、ほとんど胃にもたれません。ドレッシングもかけず、お塩だけで食べました。野菜の甘みがはっきりとして、とてもおいしいと感じました。
ネット DE ヨーガは続きをクリック

more...

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

玄米ごはん

20060612020924.jpg


私は、玄米と白米、それから五穀米などをその日の気分に合わせて交互に食べます。実は玄米ばかりを食べていた時期があったのですが、インドでアーユルヴェーダ(インド伝承医学)の先生に診察していただいた折に、「白米と交互に取りなさい」とアドバイスをうけたのです。私の体質にはその方がよいということでした。と言っても、玄米を食べなれると、白米がお菓子のように甘く軽く感じて、ついつい玄米を食べる回数が多くなってしまいます。さて、日ごろ、玄米炊飯可能な電気炊飯器で時間セットだけの気軽な炊き方をしていますが、土鍋で炊く“びっくり炊き”をサイトで発見。まだ、試していないのですが、今度挑戦してみようと思っています。電気炊飯器で炊くよりも土鍋で炊く方が玄米はよりふさわしいと感じるのは気のせいでしょうか?“びっくり炊き”はリンクコーナーからどうぞ。( この日は梅干と塩こぶをトッピング )

ネット DE ヨーガ の方は続きをクリック

more...

theme : 健康的なダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

傘を開けば

20060610231539.jpg


玄関の傘たてに黒い傘が置いてある。誰かの忘れ物?何気なく開いてみたら、あ~らびっくり、お花が飛び出してきた。チューリップとマーガレットのような花がぐるりと描かれている。外は雨模様。傘の中はお花畑。サインを見たら、姉の名前が入っている。では、無断で使用してはならぬと思って閉じた。結局、いつものひまわりの傘をさすことにした。すてきなパラソルがあれば、雨の日の外出も楽しくなる、そうだ、わたしも、ハット驚くような素敵な傘みつけよっと。ちょっとしたことで幸せになれる。雨が待ちどうしくなるようなそんな傘を!

ネット DE ヨーガは続きからどうぞ。

more...

theme : ハンドメイド
genre : ライフ

納豆パスタ (トリプルバランスパスタ)

20060609223150.jpg

昨日のヨーガの後のお昼ご飯は納豆パスタ。ゆでたてのパスタに、人参、切干大根、あらめを炒めたもの、納豆と貝われを乗せて、少しお酢をかけてあります。オイル分を抑えた、ローカロリーパスタです。同じ具材で、パスタがそばやソーメンに変わったりします。とても、手軽に出来ます。野菜、海草、納豆の組み合わせは、ビタミンやミネラルそして、大豆蛋白となんだか三拍子そろった、トリプルバランスパスタ。勝手に名づけて自己満足しています。パスタの量を減らして、お野菜を増やす、しかも野菜を油で炒めずに、生野菜か温野菜、そしてお酢とお醤油を数滴たらすと、さらにカロリーダウン。パスタ好きの健康ダイエット食です。

ネット DE ヨーガは続きをどうぞ。

more...

theme : こんなの作りました♪
genre : 趣味・実用

ピーチシフォンケーキ

20060608205708.jpg


そろそろ、桃が果物コーナーに出始めました。桃を使ったお菓子を結構作りますが、シフォンの中に焼きこんだのは初めてです。ワクワクドキドキ、期待していたのですが、残念。桃の風味はあまりせず、プレーンなバニラシフォンのような焼き上がりでした。それで、生クリームと刻んだ桃、ミントの葉っぱ、そして、お気に入り、黒蜜のシロップをかけて、「どうだ、ピーチシフォンだぞ!」と主張。あっさり味でペロリと平らげました。今回缶詰を使いましたが、今度フレッシュの桃で再度挑戦してみようと思います。

20060608225756.jpg


fdc922214.jpg
 ハーブティー(The reincarnation of TEA)

ハイビスカス、ローズヒップ、レモングラス、オレンジピール、シナモンなど数種がブレンドされたハーブティー。ルビーのような透明な赤と、フワット広がるさわやかですっきりしたフルーティな香り。なんだかとても幸せな気分になれます。生クリームの脂肪分が幾分カットされるような気にさえなります。香りがお届けできないのがとっても残念。!!
ネット DE ヨーガは続きからどうぞ。

more...

theme : スピリチュアル・ライフ
genre : ライフ

ヘルシー・ロールケーキ

20060607224657.jpg


永さん親子は揃ってヨーガ好き。息子さんやお嬢さんも一緒にヨーガのクラスに参加。お母さんの体が一番柔らかく、すらりと伸びた手足で優雅にヨーガを行います。息子さんは手作りのTシャツや様々なものを創作するアーティスト、そして、現在、即興でダンスを踊る前衛舞踊の修行中。お嬢さんの1人はオーストラリアの留学から戻ってきて、インドでヨーガをやってみたい希望の持ち主。もうひとりのお嬢さんはいつのまにかインドに行って、インドからパパやママあてにメールを送ってくるというように、この親子はなにかしらヨーガやインドで結ばれているようです。お母さんの永さんから息子さんが関係する即興ダンスの野外コンサートのチケットをいただきました。それでお礼と感謝を込めてオリジナルロールケーキを手作りしラッピング。そしてリボンでおめかし。
健康家族のためのロールケーキは抹茶ならぬ、無農薬ケール(青汁)のパウダーを入れたもの???。香りも味もほとんど抹茶味。小豆と苺に生クリームをプラス。楽しく元気に動き回るはつらつ親子だから、少々カロリーがあってもあっという間に消費されてしまうでしょう。

両サイドをカットしました。(ちょっとへたくそ)

20060607232532.jpg


切れ端は味見のため私が食べました。(フムー,やっぱり、ちょっと青くさいかな?、でもおいしい。自画自賛?)

20060608000938.jpg


ネット DE ヨーガは続きでどうぞ。

more...

theme : こんなの作りました♪
genre : 趣味・実用

バナナケーキ

20060606000243.jpg


何度も挑戦しているのに、今ひとつ納得のいかないお菓子がバナナケーキ。基本中の基本だと思うのですが、いつも味はよくても、食感がなとなくアレッ?と言う感じでイメージとずれてしまうのです。ところが、衝撃、ボールひとつで作るバナナケーキ、おうちがごはんのR*さんのブログで発見。早速、作ってみました。さて、あまりの手軽さに不安になりながらも、オーブンから出してみるとこんもりとして、バナナのぷ~んとしたよい香りが漂ってきました。カットすると、しっくりとおいしそう。成功!成功!と1人狂喜しました。砂糖の分量は少し控えめ、しかも黒砂糖です。それで全体的に黒っぽい仕上がりです。感なのですが、バナナと黒砂糖は相性がよいのでは?と思ったのです。さて、盛り付けもR*さんのアドバイスを取り入れて、ゆるくあわ立てた生クリーム、それから、ブラックベリーのシロップ漬、そして、缶詰のグアバ、それにミント添え、黒蜜のシロップをかけました。R* さんのお菓子はいつも、とってもすてきなので触発されます。R* さん、ありがとうございました。(あれから3回ほど、作って、やっと、なんとか証拠写真載せることができました。)レシピと作り方の詳細は、おうちごはんのR*さんのブログ をご覧ください。
             
                   20060606004604.jpg
 
 
20060606005414.jpg

ネット DE ヨーガは続きからどうぞ。

more...

theme : こんなの作りました♪
genre : 趣味・実用

自然薯蕎麦

20060605005844.jpg

打ちたてのようにおいしそうな蕎麦を見つけて、早速、湯がいてみた。ゆで汁も捨てないで飲んでくださいと書かれてあったのに、なんとうかつにもいつものように流しでジャーと流してからハット気づいた。あーもったいないと悔やまれるが、もう一把あるので、その時の楽しみにすることにしました。山芋ではなく自然薯だからねー(その差を明確に知っているわけではないのだが・・)体によさそうと納得しながら舌鼓をうった。おうどんやお蕎麦を食べるたび、日本人でよかった。としみじみ思うのです。付け合せは、薄上げと小松菜煮びたし。お汁を一杯にはって、七味唐辛子をひとふり。ピリリッとした刺激もごちそうです。
ネット DE ヨーガは続きからどうぞ。

more...

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

じゃんぼ餅

20060604151550.jpg

二本の棒にささった両棒餅。最初、ジャンボ餅と聞いて、どんな大きな餅だろうと思ったのですが、実はパクッと一口で食べれる上品サイズ。5本~6本で1人前になっています。みたらし団子のような甘辛いタレがたっぷりとかかってとてもおいしい。焦げ目が少しこうばしくて、あっというまに食べてしまいました。一皿300円。今度、自分で作ってみようと思うのですが、上新粉でも餅粉でもなそうなので、再現できるかどうかは不明です。

more...

theme : 日々出来事
genre : ライフ

森林浴

20060604104347.jpg

家からバスで30分位のごく近郊にある公園。一瞬、京都の苔寺にでも足を踏み入れたかのような錯覚に襲われます。うっそうと茂る樹木、苔に覆われた山道や石。そして、さらさらと流れる水の音。岐阜からやってきた景子ちゃんと一緒に「森林浴だ!」と叫びながら山道を歩いたのです。景子ちゃんとの出会いは劇的なので、後日ゆっくりと紹介することにします。2時間位、山道を登ったり下ったりしたあと、さあ一休憩。ここの名物、ソーメン流しを食べることにしました。水が入って、くるくると回る円卓にソーメンを流し入れ、流れてきたソーメンをすくいながら食べます。ただ、それだけのことなのに、なんだかワクワクとしていつもよりおいしく感じます。水車のある小川にそって、小さな朝顔がにっこりと笑いかけてくれます。一足早い、夏を味わいました。
               
              20060604112830.jpg

more...

theme : 今日の出来事
genre : 日記

シャネル&どら焼き

20060603014440.jpg


ある日の午前中、りーんと電話の音がなる。
「りー、おい、そら、あれを買ってきてよ。」と父。
「うん、わかった、あれ、それね。買うよ。」と私。
会話は数秒で終了。長年親子やってきた。固有名詞なしでの会話でもなりたつ。つまり、“あれ”とはシャネルのオーデコロン。「まぁ、おしゃれ!」と思うかもしれないが、アロハ姿にシャネルのオーデコロンとめかしこんで、夜な夜な、カラオケに行く。それが、彼の定番スタイル。本人は30代位の若者の気持ちのようだから、実年齢は明かさない。父の日が近いので、リボンをかけてもらった。そして、“どら焼き”はささやかな心づくし。というか、リクエストされたものは、代金を徴収する予定。だから、本命の贈り物は“どら焼き”。なのです。

「お父さん、ありがとう!!」のカードを添えてみた!

あっ、そういえば、あっちょんも食べたいと言っていたっけ。
送ってあげたいのに、ごめんね。映像だけで。



more...

theme : ひとりごと
genre : 日記

ひらめきレシピ

チョコブランマンジェも簡単薄焼きパンもネットであれこれ遊んでいるうちに出会ったブログを参考に作りました。始めにR*さんのブログ、それからヤミーさんのブログ、両方を見ながら作りました。ココアのブラマンジェが思いのほかおいしくて、今度は、きなこバージョン、牛乳を豆乳に変え、黒砂糖を使いヘルシー度をUPして作ってみようと思っています。お二人のブログはそれぞれに魅力的で、その手軽さとひらめきは輝いています。私もかなり思いつきで作るのですが、お二人のバリエーションはとても豊かで脱帽です。これからもことあるごとに参考にさせていただこうと思っています。興味ある方はぜひリンクコーナーからご覧ください。作り方の詳細もそれぞれに掲載されています。

                      ココアのブラマンジェ
                      20060529165552.jpg
20060529165816.jpg
 薄焼きパン2種:バジルソースとほうれん草チーズのせ

more...

theme : 手作りしましょ。
genre : 趣味・実用

やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

プロフィール

りっちゃん

Author:りっちゃん
2000 年~2002年まで南インド滞在。
ヨーガセラピーを学ぶ。聖地めぐりや神秘的なことが好き。と同時にお菓子作りやお料理も大好き。

カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。