スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスニックニューメン

20060930200705.jpg


普通のおソーメンに、甘辛のチリソースとタコチップスを加えただけで、エスニック調のニューメンに早変わり。タイや台湾の屋台で食べたあのニューメンの味が再現できないかと思いたちました。調味料であったものがチリソースと食べ残りのタコスチップスのみ、それで、入れてみました。予想とおり、甘すっぱくてピリからでちょっとパリパリ、しかもおしょうゆっぽさもミックスされて、なんとも絶妙なおいしさです。旅行していろんな場所に行くと、味や調理法がさまざまで、これじゃなけだめという枠がどんどん外れていきます。それで、自由に楽しく、自分の舌と直観を頼りに様々な料理をまるで理科の実験をするように作ることに目覚めました。旅することは、こんな効果ももたらします。
スポンサーサイト

theme : 簡単レシピ
genre : グルメ

簡単山芋シチュー

20060929180631.jpg


玉ねぎをみじんきりにして炒め、輪切りの人参を加えさらに炒めた後、ミキサーで山芋と牛乳(豆乳でもよい)をガッーと混ぜてたものをお鍋に入れて煮ます。火が通ったら、あらかじめ茹でておいたブロッコリーを入れて、塩胡椒で味をつけて出来上がり。びっくりする程簡単、しかも、煮込まない割にはお味は濃厚です。恐らく、山芋の力。牛乳と一緒にするだけで、なめらかなホワイトソースのような仕上がりです。パン粉を散らして、オーブンで焦げ目をつけるとチーズなしグラタンにもなりそうです。山芋は組み合わせる食材や調理法によって、七変化する不思議な食材だと思います。付け合せはりんご入りグリーンサラダです。


20060929181756.jpg

theme : こんなの作りました♪
genre : 趣味・実用

スフレチーズケーキ

20060928231658.jpg


スフレチーズケーキを焼きました。卵白をあわ立てて作るので、フワットしっとりした食感です。チーズケーキは、本当に様々なバリエーションがあるので、毎回、レシピを変化させて作っています。最初、このチーズケーキはなんだか、伊達巻をちょっと思わせるようなところがあったのですが、焼きあがってみると全然違い、別物です。自分の好みとしては、もう少しクリームチーズがしっかり感じられる方がよいのですが、舌の先に乗せるぞばから溶けていく感じは、確かに上品さはあります。オーブンで湯煎で焼いて、焦げ目をつけないようにしなくてはならないのに、最後で油断して、気づいたらしっかり焦げ目が残っていました。お菓子作りに油断は禁物です。シュン。(反省)

20060928231755.jpg

ばら色の花束

20060927232240.jpg


バラ色の花束。お誕生日かなにかの発表会でもなければいただいたことのない花束を思いがけずもいただきました。毎週月曜日にヨーガを行っている方々が3人、我が家に来てくださってお食事会をしたのです。テーマはベジタリアンエスニックで、タコスやカレー味パンプキンスープ、なぜか、玄米さつま芋ご飯と椎茸、ワカメ、厚揚げの入った味噌汁、デザートはフルーツタピオカに、オレンジパウンドという内容でしたが、なんと写真撮るのをすっかり忘れてしまいました。しゃべるのと食べるのとで頭と手が一杯になって、デザートでひと息ついて、そうだ、ブログの写真ということで、あわてて撮る始末。でも、いただいたお花束がとても美しく、お料理よりもこちらのご馳走の方が勝ったと思いました。みなさんの心使いがとてもうれしくて、早速、いただいたお花を姉の手作りの花器に活けてみました。お部屋が急に華やいで夢見心地。ステキな花束、とってもうれしかったです。3人の皆様、本当にありがとうございます。お料理はなんとなくとりとめもなく、大仰にテーマをかかげたものの、メニューの取り合わせがちぐはぐだったと思います。これにこりずにまた、いらしてください。今度はクリスマス会しましょう。

20060927232334.jpg


20060927232436.jpg


20060927232520.jpg

さつまいもの味噌汁

20060927012222.jpg


究極のみそ汁とごはん。そのような献立にあこがれるところがあります。かつおぶしを削り、だしをとり、手作りの味噌で作る。現実にはお手軽なインスタントのだしを使うため、かつおぶしなんて買ったこともありません。やろうと思えばきっと出来るのでしょうが、最後まで消費できるかどうか不安になったりして、結局、「いつか、そうしよう」と先延ばしにしてしまいます。しかし、昨年から味噌は従姉の指導のもと手作りしましたので、それを使っています。本日はさつま芋を入れ、昨年の10月に仕込んだ麦味噌を使って作りました。だしは市販のものを使いましたが、ほんのりあまやかな味のする麦味噌はとてもおいしく幸せな気持ちになります。丁寧に時間と心を込めて作る、そのようなこともおいしさのひとつかもしれません。ちょっとだけ理想に近づけたかな?と自己満足しました。

簡単朝食

20060925232656.jpg


ご近所にパン屋さんが開店して、そこでよく買うお気に入りのチーズがたっぷり入ったパンとヤマモモのヨーグルトでシンプル朝ごはん。なんとなく物足りないないような感じもしますが、パンのボリュームで結構お腹一杯になります。品目は少ないけれど、カロリーは高めなので、このような食事はダイエットにはなりません。お野菜食べなきゃと思い、時間があったので胡瓜を薄くスライスして、お花のように並べてみました。胡瓜はスライサーを使ったのですが、なんとなく思ったようにな形とは違い、まだまだ工夫の余地ありなんて独り言つぶやきながら作りました。パソコンのスピードUPのために、今、新たな契約を結びつつあり、そのために、環境設定を一からやり直さなくてならなくなりました。パソコン操作がへたくその私には大仕事です。フー。

20060925233913.jpg

そば粉のフィットチーネとグリーンサラダ

20060921204129.jpg


フィットチーネは日本のきしめんのように平たいパスタで、なんとインドのイタリアンレストランでよく食べました。日本にいると、どうしても普通のパスタを注文してしまうのですが、インドでは、極細のパスタが、なんとなく頼りなくて、フィットチーネ位でやっとパスタを食べた気分になるのです。三番目の姉が買ってきたそば粉で作ったフィットチーネ。袋に残っていたものを茹で、これまた姉が購入の瓶詰めのトマトソースをチャットかけて出来上がり。そして、レタスをちぎって、きゅうりを薄くスライスしてフレンチドレッシングをかけたグリーンサラダも作りました。このグリーンサラダ、胡瓜の切り方にこだわり、盛り付けを考えると、シンプルながらとても上品なサラダになります。というのも、シシリアというイタリアンレストランで食べたときにそう思ったのです。いつもせわしなく作るので、無造作に切ったきゅうりになってしまうのですが、いつか、あのシシリアのように薄くスライスしたきゅうりがきれいに並べたアートな一皿を再現しようと思っています。本日は、無造作に盛り付けたものです。


20060921204331.jpg

上海の切り絵

20060920182237.jpg


随分前に上海旅行で買った切り絵の数々。手紙やカードをいれてある箱を整理すると、はらはらと出てきました。その繊細なカットワークに感激し、何枚も買い求めた記憶が蘇ってきました。確か、お土産やさんのカウンターに無造作に置かれてあって、10枚1セットで10元(多分150円から200円くらい??)という破格に安い値段でした。それで、夢中になって何セットも購入し、ほとんどは友人たちへのお土産にしました。これは、自分のために残しておいたものが出てきたわけです。お花かごシリーズ、干支シリーズや舞姫、伝説や童話の主人公など、モチーフも様々、それぞれカラフルな色彩がほどこされていて、とても美しく手の込んだ作品なのです。器用な中国人の手先から、瞬く間に切り出されていく様子も目の当たりにして、驚嘆した時の感激が蘇ってきました。

20060920182558.jpg



花ポットとアニマルカップ

20060918184018.jpg


アニマルカップもお花のつまみのティーポットも、常滑在住の陶芸家、吉川千香子さんの作品です。6月に展示会で我が家に滞在した千香子さんの作品はブログでも紹介済みですが、その展示会の時にお花ポットを購入しました。アニマルカップはずっと以前の作品。白磁で動物の形をしたカップはとてもユーモラスでお気に入りです。休日のティータイム、時間がたっぷりあるので、食器棚からがさこそ取り出して使うことにしました。なんとなく鼻歌交じりで、陽気ではずんだ気持ちにしてくれる食器たち。千香子さんの器はいつもにっこりと笑いかけてくれるようでしあわせ気分になります。お菓子なしでしたが、器がスィーツをもたらし満足しました。

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

本日のスィーツ

20060916214541.jpg


神田精養軒のチョコレートケーキ。デパートの出口に特設されたコーナーで足がひっかてしまいました。お菓子はなるべく手作りしたものを食べるをモットーにしているので、デパートの地下街を歩くときが大変です。見るとどうしても買いたくなるので、ちらちら横目で見ながら足早に通り過ぎたり、明らかに、お腹が一杯で、見てもあまり反応しない状態の時に、参考に色々覗き込むようにしています。この日も、お菓子ケースの前でひとしきり立ち止まり、おいしそだなーと思いつつも、「家で焼けばよいのだ」と思いなおし、デパートの外にまで出たのですが、材料や手間隙のことを想像して、「買った方がお得」と瞬間的に判断。踵を返して一目散にお菓子のケースにたどりつき、ゲットしました。そのすばやいことと言ったら・・・・・。で、本日のティータイムはふわふわのチョコスポンジにとろりチョコクリーム。さすがにプロの味。この食感を出すまでには、まだまだ、試行錯誤を繰り返す必要がありそうです。薫り高きアールグレイティーと一緒にいただきました。

初秋見舞い

20060915234425.jpg


ほとんどはメールでやりとりしていますが、時々、はがきをもらうことがあります。二月間、留守をしている間に郵便物もたまりました。少し落ち着いたので、返事を書こうと、秋らしいポストカードを買ってきました。まず、一通目は福岡に仕事で転勤になった友人へ。(ヨーガのクラスに参加してくれていました。ばりばりのキャリアウーマン。筆まめの彼女はよくカードを送ってくれます。)もう一通はウィーンの友人へ(彼女はインドのヨーガ施設で出会い、大親友となりました。母国語がオーストリアドイツ語の彼女、そして日本語もなんだかあやしい私ですが、二人の共通は英語があまり得意でなかったこと、けれども却ってそれがよかったようです。気持ちで会話?が中心のおかげで心が結びつき、どんなに距離や時間で隔てられようとすぐに通じ合える姉妹のようになりました。)もう一通は東京へ。(この夏に初めて出会いお世話になった方へです。)手書きでしこしこ書いていると、漢字がすぐ出てこなかったり、スペル、これでよいのかしら?と思ったり、そのたびに辞書をひきつつなので時間がかかりますが、その分気持ちが込められていくようです。普段はデジタルな日々を過ごしていますが、たまにはアナログペースもいいものだと思います。このような心境になるのも秋の夜長のせいでしょうか・・・・・?

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

久々のひとりご飯

20060914221855.jpg


三番目の姉も帰り、ひさびさに1人で朝ごはん。トーストと豆腐サラダ、それから、紅茶を入れて、お庭を眺めながらゆっくりといただきました。東京では6:00起床。お弁当を作り終えて、姉夫妻と一緒に早朝6:30分くらいに義兄の入れたコーヒーとトースト一枚が常でした。戻ってきて、三番目の姉とは比較的甘いデニッシュ系のパンと果物、それに、紅茶という組み合わせ。食べる時間も8時くらい。メンバーによって、生活時間も変わるなーと思いつつ、ひとりの時は、もっとフレキシブルで、起床時に軽めのヨーガを行い、だいたい30分後に食べるようにしています。日中は暑さが残っていますが、朝、夕は涼しくなってきて、今日は薄手の長袖を着ました。実りの秋、洋服も入れ替えて、このしのぎやすい美しい季節を満喫したいと思います。

2週間まとめて報告

9月3日にパソコンは届いたにもかかわらず、ブログ更新せずに過ごしていました。写真は何枚かありますので、2週間ぶりに報告します。更新なしでも、毎回訪れた皆様、ありがとうございます。もう誰も見ていないかなと思っていたのですが、一定の方が訪れてくださっているようで、本当にうれしく、そして申し訳なかったなーと思いました。どうぞ今後とも見にいらしてください。

20060913221555.jpg


9月1日【金曜日)またもや雨(羽田にて)
7月1日に上京した折も雨模様。しかし、雲の上は晴れていて、美しい夕日が見えました。はたして、戻りの日も東京は雨模様。でも、空の上は、すっきり晴れ渡って、まばゆく光る雲と、澄んだ青空の中、すいすいとすべる様に飛んでいるので、「なにかよいことありそう」と胸躍る気持ちでした。

20060913223126.jpg


同日の夕食は納豆そばパスタ風:3番目の姉が夕食を作って待っていてくれました。彼女は市内のギャラリーで二人展開催中のため、8月23日から滞在していたのです。久々に作ってもらう夕食。ありがたや、ありがたや。おいしくいただきました。

20060913223926.jpg


9月2日(土曜日) 朝食
三番目の姉は果物好き。彼女と一緒にとる朝食には、いつも果物が添えられます。彼女お手製の山もものジャムもありました。ほんのりとやさしいピーチの香りがおいしさをUP します。

20060913224623.jpg


9月3日(日曜日) 展示会最終日
姉とその友人の二人展は、今日が最終日。姉は陶器、友人の方は、織の作品でした。海が望める、まだ、新しいギャラリーでした。

20060913225409.jpg


新作のハート型小皿【姉作】

20060913225744.jpg


タピストリー【姉の友人、織の作家 作】

20060913230132.jpg


二人の作品がミックスされて展示されていました。

20060913230634.jpg


外に目を移すと、海と山と気持ちのよい風景が目の当たりです。
2階にあるイタリアンレストランでお昼をいただきました。


20060913231116.jpg


前菜:カンパチのカルパッチョバルサミコ風味

20060913231430.jpg


トマトパスタ、姉は同じソースでフィットチーネにしました。


20060913232904.jpg


デザート盛り合わせ:パイナップルのタルト、ピーチのコンポート
エスプレッソアイスクリーム、チョコレートのブラウニー

20060913233524.jpg


9月11日(月曜日)庭の草取り
夏草が勢いよく生い茂る庭の草取りを開始しました。半分、姉がすませてありましたが、あまりの緑の勢いに、姉は手があれてしまいました。私は長袖を2枚も着て、軍手をつけて完全武装でのぞみました。

20060913234123.jpg

かりとった草、まだまだあります。ふー。気がとおくなりそー。

20060913234456.jpg


9月13日(水曜日)久々の水曜ヨーガ午前クラス
3人のヨーガの先生方、いづれも指導者として活躍なさっていて、わたしよりも先輩の方々が来てくださいました。午前中、2時間ほどアーサナを行い、その後お食事となりました。「待ち遠しかったわよー」とおっしゃってくださって、本当にうれしく光栄に思いました。ナッツや干し葡萄の入ったターメリックの炊き込みご飯。山芋とじゃがいものサブジ。トマト、ブロッコリー、人参、りんご、玉ねぎに庭の青紫蘇をきざんでヨーグルトで合えたライタ、アスパラのポタージュ。あのインド人料理家のニティさんの本を参考に作りました。デザートはみかんの寒天、スイカとキューイ、紅茶のシフォンケーキの山ももジャム添え、そして、ローズヒップとハイビスカスのブレンドハーブティー。おしゃべりに夢中で写真撮り忘れました。

夏休みのまとめ

20060901072654.jpg



ついに私の夏休みも終わり。本日、東京を離れます。8月に入ってから、ブログの更新がまばらになってしまいました。お弁当は相変わらず作っていて、今朝(9月1日)が最終弁当。なんと寝坊してしまい、昨日の残り物をあわてて詰めてしまいました。が、メインはあいかわらずの玄米おにぎりです。「明日から、また、自分たちでごはん作りね」と姉は「ふー」とため息つきました。が、実は、一旦、戻りますが、再び上京しなければならない用事ができ、恐らく、9月の中旬か10月の中旬にまたもやおじゃま虫になります。けれど、恐らく滞在できるのは、長くても4~5日です。と言うことで、ともあれ、夏休みは終わり。東京在住の日々、お世話になった、皆様どうもありがとう。
また、来ますので、一緒に遊びましょう。

今朝はひんやりとして、なんとなく秋の気配、感じました
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

プロフィール

りっちゃん

Author:りっちゃん
2000 年~2002年まで南インド滞在。
ヨーガセラピーを学ぶ。聖地めぐりや神秘的なことが好き。と同時にお菓子作りやお料理も大好き。

カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。