スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふんわり、もちもちおからパン(ホウレン草入り)

20061130201027.jpg


豆乳を作ると、必ずおからも出るので、またもや、作ってしまったおからパン。今回は湯がいたホウレン草をミキサーで細かくしたものを入れて見ました。「これはいい、これはいい!!」と常に辛口批評家の姉もお気に入りの様子なので、背中を押されるように、連日作っています。
基本のレシピはこちらを参考にしています。ホウレン草は1/2把入れました。水分は耳たぶくらいの柔らかさを基準に様子を見ながら調整しています。カレー味のポタージュと、野菜サラダをつけて、軽めの夕食としました。この日は、お昼からたくさん食べていたので、これで十分でした。中身は、あいも変わらず、ほうれん草のおからパンはカレー味のマッシュポテト、プレーンは高菜とさつま揚げのみじん切りをマヨネーズで合えたものです。「もっと、中身に変化をつけたら?」と姉。あ~あ、やっぱり言われてしまったか。きっとそういうだろうなと百も承知していたのです。が、冷蔵庫の中にあるものを優先なので、連日高菜の炒めたものでした。今度はチーズや、温野菜のサラダ、きんぴらごぼう、キムチなどなど・・・。をいれてみようかな?と思っています。まだまだ、続くおからパンの日々・・・・・・。
スポンサーサイト

theme : おいしく食べてダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

アップルローフ

20061129232423.jpg


以前に作った、生クリーム食パンのレシピに、リンゴを焼きこんで、レーズンを散らし、仕上げにマーマレードを塗りました。計量が大雑把っだたせいか、生地が柔らかくて、うまく成型できず、ほとんど失敗覚悟で作りました。焼き上がってみると、確かに思ったような形ではありませんでしたが、お味の方はおいしい。♪ 問題ありませんでした。失敗だと思っても、最後まで試みるものだと、よい教訓となりました。このパンは甘くて柔らかいパンなので、菓子パンのようにおやつになります。薫り高いアールグレーティーと一緒にいただきました。

手作りおからクッキー

20061127232041.jpg
全粒粉におからを混ぜて作ったクッキー。アールグレーの茶葉を焼きこんだものと、ココア生地、2種類作りました。材料とレシピは、このサイトを参考→おからクッキーのレシピ

今、ダイエットクッキーとして話題を呼んでいるようで、我が家のポストにもチラシが入っていました。おからなら、出来立てほやほやのものがあるので、早速作ってみましたが、砂糖の分量が控えめで、「わたし的には、もう少し甘いのがいいなー」とつぶやくと、「それじゃ、ダイエットにならないでしょう。作る意味あるの?」と姉の鋭い一言。そうよね。いくら、ローカロリーだからと言って、もし、おいしくて食べ過ぎたら確かにダイエットにはならないし・・・・。しかし、そう思いつつも、もう少し食べやすいように工夫したいなーと思ったので、今度はレシピの配分を変化させてみようと思います。

theme : おいしく食べてダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

バナナパウンドケーキ

20061127232702.jpg


昨日、三番目の姉がやって来ました。グループ展に参加のため、しばらくこちらに滞在することとなりました。昨日のヨーガのデザートの時の黒豆パウンドを食べた姉は、「バナナパウンドケーキ作って!」とリクエスト。彼女は私の顔を見ると、「バナナケーキ作って!」と毎回言うのが恒例。乞われるままに作るのですが、本人のイメージするバナナケーキと違うようで、なかなか納得しない様子。で、今回はほとんどプレーンのバターパウンドケーキのレシピにバナナをプラスし、アーモンドパウダーを小麦粉に対して25%加えて作ってみました。「さてさて、今回はどうかな?」と言いつつ、一口食べて、「これこれ、ずっと思っていたバナナケーキのイメージと一致した。」と喜んでおりました。ヤレヤレ、ホットしました。人の好みに合わせて作るのはなかなか骨の折れる仕事です。まぁ、これで、彼女お気に入りバナナケーキを把握したので、次からは、楽勝で望めます。と思っていると、ヤヤヤヤ・・・。「本当はもうすこしパンっぽいバナナケーキでもいいのよ」ですって。なんだか100%納得していない様子。ヤレヤレ、またもや、バナナケーキ作る羽目になりそうーです。


20061127232625.jpg

黒豆パウンドケーキ

20061126202614.jpg


小麦粉100g、砂糖100g、バター100gのパウンドケーキに黒豆を入れて焼いてみました。

本日は、2人の方と一緒にヨーガを行いました。その内の1人は、あのMOMOちゃんのお母さんです。現在、インドのヨーガアシュラムでヨーガ基礎コースを受講中のMOMOちゃん。インド人の中に混じって、日々、研鑽を積んでいる様子がわかりましたが、なんと、カレー味攻め、正確にいうとスパイス攻めで食傷気味、注射を打ってがんばっているということでその奮闘振りが目に浮かぶようです、基礎コースは一月なので、なんとか乗り切ってもらいたいものだと祈るような気持ちでエールを送っています。で、本日、ヨーガの後の食事はこのところの豆乳パンと玄米おにぎり、豆乳スープとグリーンサラダ、デザートに、パウンドケーキと豆乳プリンと豆乳クッキー、これでもかというくらい豆乳尽くしでしたが、料理法によって豆乳の味は変化するので、3人とも完食でした。

20061126202642.jpg

20061126210229.jpg

20061126210320.jpg

青梗菜の豆乳スープ、そしておからパン

061124_1902.jpg


冷蔵庫の中を見ると、青梗菜を発見。グレープシードオイルでサット炒めて、豆乳を入れて塩コショウのあっさりスープ作りました。豆乳は沸騰させると、分離することを、作った後に気付きましたが、味に特に影響はなく、シンプルでありながら、豆乳のコクもあっておいしかったです。その時は、市販の食パンにチーズを載せてオーブンで焼いたものと一緒に食べました。その後、おからで、先日と同じ、見た目中華まん風のパンを焼きました。今回は全粒粉を2割ほど混ぜ込んで焼きました。
中身は先日と同じ、茄子のぴりから炒め、カレーポテト、玉ねぎの炒めたものです。このおからパン、すっかりお気に入りになりました。
061119_1333.jpg


061119_1401.jpg

黒豆茶と煮豆

061123_2304.jpg


061123_2307.jpg


豆乳マシーン大活躍しています。大豆ばかりではなく、黒大豆の豆乳も試してみようとセットしたのですが、なんだかきちっとセットされておらず、出来上がったのは、黒い豆の香りのするお汁。それから、黒大豆は粉砕されておらず、そのまま残っていました。幸い、煮豆の状態でセットしたので、豆は柔らかく、もう一度試みようかどうか迷ったのですが、まてまて、どんなお味? と味見すると、黒豆のお汁、そのままでもおいしい!。それで、豆はお砂糖を入れて通常の黒豆にしました。
黒豆茶と煮豆。思わぬ失敗でしたが、結局、二種類の味が楽しめてよかった。「災い転じて福となる!!」はこのことだと1人でご満悦です。

061123_2306~001.jpg



テラスでカプチーノ

20061123184724.jpg


「当店、お勧めのカプチーノでございます。」という言葉に押されて、カフェ・プチーノを注文。シュワシュワに泡だったミルクにシナモンの香りがフワッと香って、本当においしかったです。

この日は、とってもオリジナリティあふれる洋服作家のお友だちと、その作品を展示しているギャラリーの方と3人で、このお店にやってきました。パン屋さんが経営しているカフェレストランで、店内には様々なパンがシューケースの中にずらりと並んでいました。
「おいしそーなものを選んできて!」と二人に頼まれて、私はあれこれと3~4種類ほど選んだのですが、なんと、残念、そちらの写真を取り忘れてしまいました。

トマト、ピーマン、オニオン、コーンなどが彩りよく並べて焼いてるイタリアンピザのようなパンと、アップルシナモンが焼きこまれたパン、アン入りゴマパン、それから色とりどりのプチフールのような一口サイズのパン・・・・・。

「まぁーそんなに、食べきれるかしら?」と驚きが顔の二人でしたが、女3人も集まれば、おしゃべりも弾み、食も進み、あっというまに平らげてしまいました。

「これで、日ごろのダイエットも、帳消しだ!」と気付くのは、なんといつも食べ終わってからなのです。

耳パンのサンドイッチ

20061122150141.jpg


日曜日の夕方からこの水曜日まで、またもやパソコンがハタッと使えなくなり、専門家に見てもらったところ、モデム不調ということで、色々取り替えて、設定もプロにまかせて、やっと再開です。「パソコンソフトのバージョンアップした新たなものに買い換えた方いいですよー。15~6万出せば最新のものが買えますよ」なんて、簡単に言われてしまいました。日進月歩、本当にめまぐるしく次から次へと最新のものが出てくるこのインターネット関連のアイテム。ひとつのものを長く大事に使うのが好きな私には本当についていけない世界です。でも、快適な環境で使いたい!という気持ちから、ついついうずうずと最新のものが欲しくなる・・・ヤレヤレ欲とは尽きないものだなー(ひとりぼやき)。

さて、ご近所のパン屋さんに閉店間際に行くと、レジのところで、「パンの耳,お使いになりかますか?」と聞かれて、即座に「はい」と答えたら、まだ暖かさが残っている焼き立てのパンの耳をおまけで下さいました。思わず「ラッキー!」と叫んで、ニコニコ顔で帰ってきました。そのまま、すぐにでも食べたくなるほど、柔らかでほかほかしていましたが、冷蔵庫を覗いて、茹でたブロッコリー、それから玉ねぎのみじんきり、椎茸のソテーと一緒にマヨネーズで合えてチーズをトッピング、あっという間にサンドイッチを作りました。簡単、ホカホカの耳サンド。ご機嫌もすっかりよくなりました。
「人間って、ちょっとしたことで幸せになれるのよね」とまたもや1人つぶやくのでした。

お友だちカフェ

20061118160321.jpg


10月中旬に東京で、何人かの友人と再会しました。その1人がなんと、かわいいカフェをオープンしているとのこと、早速、誘い合わせて行きました。お茶とお菓子のセットメニューで、わたしは栗とお煎茶、もう1人は、マロン入りのパウンドケーキとコーヒーを注文しました。器好きな友人だけあって、様々なカップや器がコーディネートされて、そして、ひとつひとつの器にも思いれがあるようで、私のは、お煎茶がアンティークのカップに入っていましたが、「手のひらに収まって、飲みやすいだろうなーというイメージだった」と語ってくれました。確かに薄手で軽くて、お煎茶にもよくマッチしていると思いました。

さて、その後、夕食は林の中にあるステキな布の工房件ショップ&カフェに出向き、インドから来た青年のお手製のカレーをいただきました。北インド料理でしたが、インドのお祭りの話題で盛り上がりました。彼は片言ですが、すでにいくつかの日本語を話せるようでした。

友人たちとは数年ぶりの再会でしたが、それほど変化もなく、「お互いに変わらないねー。」と頷きあいました。いつまでも進歩ないってことかなぁー?まっ、あまり追求しないようにしよっと・・・・・・。
遅くまで目一杯遊んで、楽しい一日でした。

20061118160713.jpg


theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

豆乳おからプレート

20061117154416.jpg


おから豆乳パン、中身は3種(チーズ、ポテトカレー味、茄子の甘辛炒め)、それからおからたっぷりプチオムレツ、スライスきゅうりのおからマヨディイプのせ・・・・。

というわけで、全ては豆乳とおからが入っています。パンは油、卵なしの超ローカロリー。実は今回2回目です。プレーンなものを最初作り、あまりのあっさり味のため、中身にしっかり味のするものを入れて焼いてみました。見た目、中華まん?あるいは、お焼き?とも見えますが、外はパリッと中はモチモチです。【材料:強力粉200g、おから40g、砂糖大匙1/2、塩小さじ1/2、イースト3g、水130mlで通常のパン作りと同じ工程。しっかり2次発酵までしてあります。】でも、出来上がった様子からもう少し簡単に作れるかも?と思いました。と言って、今は、具体的に思いつきません。そのうちに発見するでしょう。

20061117154523.jpg
 ポテトカレーピーマン入り
                      
    茄子の甘辛炒め  20061117154604.jpg



20061117161636.jpg


後で、暖かい飲み物が欲しくなり、残った豆乳でココア。
チョコリキュールをプラスすると、豆乳っぽい香りが消えて、すっきりとおいしかったです。
今日もまた、豆乳尽くしの一日です。

戻ってきたよ!& 近頃、豆乳生活

20061116160521.jpg
 これは従姉の所で飲んだ時のもの


お、お、お久しぶりーーーーーー。戻ってきたよー。

一月ぶりに再開です。コメントくださった皆様ありがとうございます。ずっとごぶさたで失礼しました。またまた、どうぞよろしく。

さて、この一月のことは、おいおいお話することとして、11月に入ってから、すっかりはまっているのが、“豆乳”です。従姉のところで作りたての濃厚で新鮮な豆乳を飲んで以来、ずーっと、欲しいなと思っていた豆乳マシーンをついにget. 飲むばかりでなく、豆乳を使って、思いつくままに色々試作しています。

20061116162220.jpg
 これが我が家の豆乳マシン。
                       20061116162707.jpg
乾燥豆からでも作れるのですが、水煮したもので作ってみました。
おからがきめ細かくクリームのように出来上がるのを従姉の所で見たためです。少しローストされた豆のような感じで、通常の豆乳に比べて、色もマロンクリーム色でこくがUpするようです。

ダブルポテトの豆乳お団子 

20061116162432.jpg
 
                      20061116162802.jpg
おやつが食べたい!!でも、せっかく豆乳のおともにするのだから、これまた、ヘルシーなものは?と考えてネット検索。見つけたものが、じゃがいもに豆乳を入れて丸めてつくってあるお団子。私は、さつまいもとじゃがいもを両方つかいました。ほんわりとした甘みです。きなこに黒蜜、もうひとつは、みたらしのたれをかけたものです。


スペシャル豆乳フレンチトースト

20061116162606.jpg
 (チーズ入り)


20061116162520.jpg
 (プレーン)

なにが、スペシャルかというと、時間のかけ方。フレンチトーストって、固くなって捨ててしまいそうなパンを手軽に再生させるものと思い込んでいたら、なんと、4時間以上、あるいは一晩あの卵と牛乳とお砂糖の(ほとんどプリン液)に漬け込むとのこと。さらに、20分以上焼く。(オーブンは180度cで20分、フライパンでも弱火でじっくり)これは、某ホテルのフレンチトーストの作り方を見て知りました。ご興味のある方は、ネットで紹介されているのでごらん下さい。もちろん、牛乳を豆乳にかえて、お砂糖を半分にして、甘さは自分で後から調整できるように作りました。トロリチーズ入りは、ボリュームもあって、腹持ち大変よく朝食向きです。マロンの蜂蜜をかけたおやつも控えめの甘さでほんわかとおいしかったです。

theme : 健康的なダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

プロフィール

りっちゃん

Author:りっちゃん
2000 年~2002年まで南インド滞在。
ヨーガセラピーを学ぶ。聖地めぐりや神秘的なことが好き。と同時にお菓子作りやお料理も大好き。

カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。