スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人が幸せになれる場所-分くい峠-

暑い暑い日々が続いています。  ラジオ体操

そんなある日、突然、思い立ち、旧友のかじちゃんを誘ってパワースポットヘ。

東京は新宿から中央道をひたすら走って約4時間、長野県伊那市長谷川に到着。バス

あるブログでこの場所は日本でも有数のパワースポットであるということ発見。

日本のパワースポットと言えば、富士山とか、伊勢神宮や高野山とか、屋久島とか、大自然が残っている場所もしくは神社仏閣を漠然と思い浮かべるのですが、実際はどのような場所を指すのか、ネット検索してみると

「パワースポットとは、エネルギースポット、気場などともいい、この地球上にあるすべての生命や物質の存在及び活動の源となるエネルギーが集中しているとされる場所のことである。」<抜粋>とありました。

つまり、ここ、長谷川にある分くい峠は、0磁場地帯(気場)であるというのです。さて、それでは、0磁場とは?と言うと、

2つの同じ大きさの電磁力の磁界の方向を正反対に向けたとき、見かけ上力が拮抗して、磁界が消え、ゼロになるポイントのことをいう。(磁石をもって、その場に立つと磁石の針がくるくる回りだす。)実際にはエネルギーが双方から常に加えられており、なくなったわけではなく、その拮抗した2つのエネルギーから「気」という波動が生成されているのため、強い気(プラーナ)に満ちており、そのような場所に滞在することで、肉体の不調が取り除かれたり、気力に満ちて、元気が回復できるのである。

長野県伊那市にある分杭峠では、中国の著名な気の研究家で元極学の創始者、張志祥氏が日本に招かれた時、分杭峠周辺が強力な気場であることを発見し、世界有数のパワースポットとして著名となった。また、この分杭峠は、日本を縦断する巨大断層地帯の中央構造線の真上にあたり、2つの地層の巨大なエネルギーが拮抗しており、ゼロ磁場であることが調査によって判明したという。・・・・<Wikipediaから抜粋一部加筆>

なにやら、エネルギーに満ち溢れた場所であるらしい・・・・・???と言うことで、是非,行ってみたくなったのです。この頃、「思い立ったら吉日」ということで、即、行動に移す!!をモットーに・・。あれこれと逡巡していると、理由を創り出して諦めたりするので、行きたいと思ったら、それが信号で、<直観磨き>にもなると勝手に思い込んでいます・・・・。

さて、バスを降りると、ひんやりとさわやかな空気に包まれ、猛暑の都心が嘘のようです。もう、ここは、初秋の気配。思わず薄手のカーデガンを羽織りました。

お昼に到着しチェックイン、ホテルの部屋で持参のお弁当をゆっくりと食べていると、あっという間に時間が過ぎて、気付いたら、分くい峠への送迎車は出てしまった後。1泊2日のプチ旅行でなので、がっくりしていると、ホテルの従業員の方が気の毒がって、「仕事の時間が終了した3時過ぎ、少しの間であれば、案内できます。」となんともご親切な対応。その方の案内でなんとか行くことが出来ました。<感謝感激>

分くい峠は、宿泊先から車で15分くらい、標高1500メートル地点、ちょうど長谷川村と大鹿村の境にあります。うっそうと茂った木立の中に、階段状に木の椅子があって、そこに思い思いに座って森林浴を楽しみながらエナジーアップをはかるのです。

その日は、短時間の滞在しかできませんでした。帰りの車の中で、「夕食どうなされますか?」と聞かれたので、「お昼は自前のおにぎりでしたが、夜はサービスエリアで買ってきたカレーパンにします。」
というと大変気の毒がって、「おにぎりとお味噌汁くらいなら作ってくれるかも?厨房に特別に頼んであげるわ」とご親切に対応していただきました。夕食は予約制で、あまりたくさんあれこれと食べられないので、予約しなかったのですが、なんと、その方のお陰で、急遽、夕食をいただくことになりました。予約客は和室でしたが、私たちの食事はダイニングに用意されていました。そして、おにぎりとお味噌汁だけの夕食の予定が、なんと、キャンセルの客があったというわけで、次から次へとお料理を運んでくれて、超ラッキー。(夕食代1人500円)しかも、この宿は食材に気をつけていて、全て有機農法で、マクロビオティックの食事を基本としているので、おいしい野菜と玄米が中心でした。こんなことなら、始めから予約してもよかったのですが・・・・・・。さて、おいしい食事の後は、少し休憩してお風呂へ。温泉というわけではないのですが、0磁場の水は活性力に満ちているということで、その活性水にどっぷりと浸りました。そして、この宿にある最上階にある瞑想室へ。これも予約制なのですが、「あなた方が最後ですから、好きなだけ使いなさい。鍵はフロントのここへ戻してくれればよいから・・。」とこれまた、おおらかというかなんとも親切なお言葉。結局1時間の使用予定を2時間に延長しました。(超過料金なし)

この滞在先である「入野谷」さんは、気の里にふさわしく、この建物自体が0磁場になるように設計されているのです。地上4階、地下1階の5階建てですが,地下4メートル部分に、3箇所、炭柱を埋設、定礎は、銅鏡、大極皿・水晶を埋め込み、最上階の瞑想室の屋根はピラミッド状で頂点には宇宙の気を取り入れるために大型の水晶、コイルマグネットを配置。さらにソーラ発電により、ピラミッドから地下へ、地下からピラッミッドへと双方向の流れによって磁場を発生させる仕掛けでゼロ磁場を創出。との説明でした。

つまり、この宿に滞在するだけで、分くい峠と同様のエネルギーが得られるのです。
旧友のかじちゃんは、「なんだか、体がびりびりしてきたし、部屋で座っていてもくらくらする。長時間バスに揺られたせい???」と館内のあちらこちらを確かめるように立ち止まっては、眼を閉じて、その微細なエネルギーを感じ取ろうとしていました。

私はと言えば、瞑想室でヨーガを行うといつもよりも、からだが柔軟になってどのアーサナもとてもスムーズにできました。数日前のスッテンコロリンで負傷したお尻の打撲も消えうせ、体全体が軽やかになった感じです。そして、スチール製の骨組みで作ったピラミッドの中の瞑想では、30分程度でしたが、無理なく集中できて、ほんと、ほんと、気力がみちてくるのを実感しました。

次の日は、黒米のおにぎりを注文して、朝10時から午後3時まで分くい峠に滞在することにしました。車に同乗した男女のカップルは4日間滞在するということです。そして、彼らは長時間の滞在のためにレジャーシートや本などを携え、用意万端。その様子からリピーターと思われました。私たちは、最初は分くい峠の道をどこまでも散策、山道を2時間くらい歩き、途中、湧き水を飲んだりしました。お昼頃に、昨日の地点に戻り、おいしいおにぎりを実にゆっくりと時間をかけて食べて、その後、仰向けに横たわると、たくさんんの葉っぱの重なりが視界一杯に広がって、緑のカーテンのよう。木漏れ日やそよ風にいつしかウトウト。あっというまに時間が経過しました。

真夏の暑い盛りですが、分くい峠は、木陰に入ると、ひんやりとしていますので、毛布やショール、できれば、夏用の寝袋があるといいかも知れません。

その清澄な空気は、普通に訪れたとしても、生気を回復させてくれるでしょうが、ちょっといろいろと話を聞いた後なので、わたしもかじちゃんも期待大。「なんかいいことあるかなぁ?」とつぶやくと、突然、「ここに来れた事が=なんかよいこと」と即ひらめき、そっか、そっか、これぞ、「今に生きる」ということだとプチ悟り???の境地に至りました。つまり、自分たちの現在やっていることがもう、十分、なんかいいことなので、100%ハッピーなのです。はぁー、さすが、パワースポット。ただ、そこにいるだけでしあわせになります。そう言えば、宿のパンフレットにも、0磁場地帯とは、「人が幸せになれる場所」と書いてありましたっけ・・・・。
ともあれ、興味がある方は是非、お出かけください。ただし、冬場(12月から翌3月上旬)までは、閉鎖になるそうです。やはり、真夏がベストシーズン。と思われます。
フロントでお別れのあいさつをすると、「帰りのバスで食べなさい」と思わぬプレゼント。それは、大豆素材をちょうど鶏肉のように見立てて作った竜田上げ。ほかほかして温かく、本当にふるさとに戻ってきたような温かいおもてなしの数々でした。これもスペシャルなおまけで、私たち最後までラッキーに過ごせたのです。<感謝>

100-52.jpg
本日のコズミックダイアリー、KIN173赤い自己存在の空を歩く者
キーワード、形・定義する・測る、空間・探る・目覚めの状態
スポンサーサイト
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

プロフィール

りっちゃん

Author:りっちゃん
2000 年~2002年まで南インド滞在。
ヨーガセラピーを学ぶ。聖地めぐりや神秘的なことが好き。と同時にお菓子作りやお料理も大好き。

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。