スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一枚の食パンが2度おいしい♪

0832.jpg

冷蔵庫冷蔵庫 の中、ほとんど空っぽ。

パン とお野菜しかなく、お天気も悪く、買い物に行く気にもなれない。。。。

でも、お腹すいている、なにか食べたい。

というわけで、いつものようにあるものクッキング。

思いついたのは野菜サンド、そして、ちょっと甘いものも欲しい。

まずは、食パン の耳を切り落とす。

ナイフを真ん中に入れておろすようにパンを2枚にスライスする。

キャベツ さとと-キャベツを千切りにして、マヨネーズ マヨで合えてパンにはさむ。

オープントースタ オーブンで両面をこんがりと焼きました。

そして、パンの耳はフライパン さとと-フライパンに油をひいて両面をじっくりと焼く。

お砂糖をパラパラして、さらに焼くと、キャラメル上になって、

パンの耳にからまって、なんだかおいしそー。

0833.jpg

パリパリ、サクサク、キャラメルラスクってかんじかな?

うーん、なかなかおいしーです。

一枚の食パンから2種類の味が楽しめるなんて、

とっても徳した気分です。 



本日の13月の暦、KIN95 青い自己存在の鷲

キーワード、形・定義する・測る・ヴィジョン・創り出す・心
スポンサーサイト

赤い刺繍のスカート

0827.jpg

インド西部、ラジャスタン地方のミラーワークの刺繍 。。。

着ると、ずっしりと重いのですが、気分はなんとなく楽しくなります。

衣替えのため冬物のダンボールをひっくり返しているうちに発見。

多分、1度か2度しか着ていません。

そして、これは、インドで購入したのではなく、

友人からのプレゼント。。。

渡印する前のことで、民族衣装好きな私に下さったもの。。。

全部、手仕事です。

インドにいる頃、後半、刺繍の専門家の人と接することが会って、

日がな一日、刺繍する彼女たちの手元を飽きることなく見て過ごしことがあります。

あるいは、布市場に行くと、刺繍専門店があって、

ここでは、男性のプロの刺繍家たちが金や銀の糸でまばゆいばかりの刺繍ワークをしていました。

本当に細かい手仕事。そして、色彩の豊かさ。。。

ため息がでるほど、うっとりとしました。

0831.jpg

刺繍している人たちは、とてもリラックスして、楽しげに刺していました。

0828.jpg

あるテレビ の番組の中で、砂漠の民、ラジャスタン地方で、

朝から晩まで、暇さえあれば、刺繍をしている人にインタビューアーが、

「朝からずーっと刺繍ばかりして飽きませんか?」 と質問したら、

目をきょとんとさせて、

「飽きるかって? とんでもありません。私にとって刺繍は祈りです。

 こどもたちのため、狩へ行った夫の無事を祈りつつ刺しているのです。

 だから、刺繍をしている時は、神様がいつもそばにいます。」


刺繍している時に神を感じるなんて!! 

何事も無心になって取り組めば、きっとそのような境地へと至れるなのだと、

深く印象に残りました。

これは、あきらかに瞑想の境地のように思えました。


本日の13月の暦、 KIN94 白い電気の魔法使い

キーワード、奉仕・活性化する・つなぎとめる・永遠・魅惑する・受容性

  

伸びる、伸びる、蔦の葉っぱ

0826.jpg

倉庫の上に白い鉄柱があります。

あらっ、いつの間にか、蔦の葉っぱ 葉が生い茂っています。

こぼれ種で勝手に自生して、すくすく・・・・・と。

なんとなく勢いがよいので、そのままにすることにしました。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、昨日、8年ぶりにメール交換をしました。

アンという名前の素敵な女友達。Newニノ

アンはシンガポール人で、インドのヨーガ施設で同じコースを受講。

3ケ月程、私が先にコースを修了したので、アンとはほとんど入れ違い、

ほんの2週間近くしか一緒に過ごさなかったのですが、

とても仲良くなりました。なんとなく、外見が日本人っぽいせいもあったのかもしれません。

ドミトリーの彼女の部屋が最高に居心地が良くて、

授業が終わると、アンのお部屋で過ごすのが日課となっていました。

行くと、必ず、アールグレイの紅茶 コーヒー とおいしい果物 バナナ ふるーつ☆Cultivation・マンゴー パパイヤでもてなしてくれました。

アンの部屋があまりにおしゃれで素敵なので、

「どうしてこんなにお部屋を素敵にできるの?」と尋ねると、

「シンガポールでは、インテリアコディネーターの仕事をしていたのよ」との返事。

なーるほど、納得。。。

そのアンも、今はシンガポールでヨーガを教えているとのこと・・・・。

親切な彼女は、インドからの帰りに自分の家に遊びにおいでーとお誘いの手紙をもらいながら、

なんとなく疎遠になっていたのですが、時間を越えて、再び交流が始まりました。

いつの日か、再会して、アンとお茶 コーヒー したいなぁーとしみじみ思います。


本日の13月の暦、 KIN93 赤い月の空を歩く者

キーワード、挑戦・分極化する・安定させる・空間・探る・目覚めの状態

玄米にんじんごはん

0822.jpg

玄米にみじん切りして油で炒めたにんじん ニンジンをさっくりと混ぜた人参ごはん!!

人参の甘み、適度な油分があって、シンプルな割りにおいしーです。

付け合せには、サラダ、サラダ

0823.jpg
じゃがいも じゃがいも、たまねぎ たまねぎ、プチトマト プチトマト、ベビーリーフ ほうれん草のフレンチドレッシング合え

そして、なぜか・・・だいこん だいこんおろし

0824.jpg
上に載っているのは、庭でつんだ穂紫蘇



そして、すっかり、お気に入り

0825.jpg
お麩のぷかぷかスープです。

と、言うわけで、野菜がメインの夕食ですが、

お麩のスープと玄米のせいか、十分、満足感があります。


本日の13月の暦、KIN91 青い宇宙の猿

キーワード、存在・持ちこたえる・超える・魔術・遊ぶ・幻想

スープの恋しい季節

0815.jpg

朝、夕は、日増しにひんやり度  が増してきました。

あったか~いスープ 育児 離乳食の恋しい季節到来!!

今日は、お麩 をぷかぷか浮かべたスープを作ってみました。

にんじん にんじん、たまねぎ たまねぎを千切りにして、煮ること7~8分 片手なべ

水をはったボールの中に1~2分入れてあったお麩を軽く絞ってくわえる。

粉末のこぶだしスプーン とお醤油 さとと-醤油も適宜に入れさらに5~6分。

最後に、生姜 をすって出来上がり。

好みで、青菜 ほうれん草を火から降ろす前に入れる。

和風の器に盛り付けるとおすましのような感じ・・・。おみそしる♪

洋皿に盛り付けると、ちょっと見は、コンソメスープのような感じ・・・。スープ

生姜がきりりと効いていて、引き締まったお味になっています。

お麩のボリュームと生姜の力でポカポカと暖かくなってお腹も一杯。

満足度高い割りにローカロリーのため、ダイエット時にもお勧めです。


本日の13月の暦、KIN87 青い太陽の手

キーワード、意図・脈動させる・実感する・遂行・知る・癒し

キンモクセイの香り

0820.jpg


2階 お家の窓 窓 を開け放つと、フワッとよい香りがしました。

これは・・・・・?と、

庭に下りてみると、金木犀の黄色いお花 タンポポが開きつつありました。

0821.jpg

あたりに甘く芳醇な香りを漂わせています。

お化粧をした伯爵夫人  が通り過ぎた後のような

華やかで 印象深い香り・・・・・。

香りは、記憶を呼び覚ます力 があります。

・・・・・・・・・・・・

香りといえば、ソーラブ

ソーラブは、インドのヨーガアシュラムで知り合った友人の名前。

ソーラブのお母さんは、ミーナディディ(ディディは敬称でお姉さん、目上の女性に対して使うことも・・)

がある日、フト、もらしたお話し・・・。

「ソーラブを生んだ日にね、赤ちゃん

白いお花 ロズレイドの匂いが漂ってきたの・・・ 

それで、この子の名前は、ソーラブ(フレグランス=香り)と名づけたのよ・・・。」うふふ

「まぁ、なんて素敵なエピソード・・・・」

ミーナディディに愛されて、すくすく育ったソーラブ、

さぁ、どんな素敵な令嬢か  ?と思うでしょうが、

じゃ~ん、ソーラブは、男性!!です。

「香り」なんて、日本語にすると、どうしても女性のイメージですけれど、

インド人男性、 ソーラブ君は、

とても、りりしいスマートな好男子 です。

とても、まじめで優秀なソーラブ君には、

いつも手助けてもらいました。

今、彼は、ウィーン でドイツ語でヨーガを教えています。

3カ月間でドイツ語を完璧にマスター!!

恐るべし、語学熟達者・・・・と思うでしょ。

でも、ウフフフフフフ・・・・・・・・実は、半分は恋の力  です。

つまり、インドで知り合った大親友のジュリアと結婚  したのです。

本当に恋の力 はすごい!!

その人の他の能力まで呼び覚ます力があるのかもしれません・・・・。

ひんやりとした秋  の空気の中で、

甘い香り に誘われて、

スィートな思い出  が蘇ってきました・・・・・・。


本日の13月の暦、KIN 白い銀河の世界の橋渡し

キーワード、無欠性・調和させる・型どる・死・等しくする・機会

ガーリックトースト

0819.jpg

冷蔵庫 冷蔵庫を開けてみると、バター トーストが切れていることが判明。

うーーーーん、ジャム ジャムだけで食べる気分ではないなぁ~と 

思い、野菜室をガソゴソしてみると、

にんにく にんにく一欠けらがポトリ・・・・。

あっ、オリーブオイル オリーブオイルあるし、これは、ガーリックトーストしきゃないと思い立つ。

作り方はいろいろあると思うけれど、

今日は、まず、フライパン にオリーブオイルを入れて、にんにくを摩り下ろす。フライパン

香りが立って、こんがりしてきたら、火からおろす。

フライパンに食パン 食パンを入れて、オリーブオイルを吸わせるようにしみこませる。

そこに、赤穂紫蘇をパラパラとして、(あれば、パセリ パセリのみじん切りでもよい)

オーブントースターでこんがり焼いて出来上がり・・・。トースト

なんだか、フライパン さとと-フライパンとオーブントースター オーブンと二手間もかけていますが、

刷った生のにんにくをオリーブオイルに入れて、それをパンに塗り、トースターで焼く・・

という方法を試してみたのだけれど、

生のにんにくが、こんがりならない前に、パンが焼けて、

においがきつく、口の中にいつまでも残るので、

一旦、しっかりとにんにくをローストしたわけです。

朝から食べるのには、ちょっと向かないかぁ??

休日のブランチによいかもです。


本日の13月の暦、KIN85 赤い共振の蛇

キーワード、調律・チャネルを合わせる・呼び起こす・生命力・生き残らせる・本能

アンデスさんの手作り お土産 ♪

0811.jpg

先日のブログに書きましたが、アンデスさんのお宅  に遊びに行った際、

帰り際に、アンデスさんお手製の数々のお土産  をいただきました。

まずは、梅ジャム。 ジャム

9月に東京の一番上の姉がお手製のブルベリージャムトースト(ブルーベリージャム) のお土産持参で来ましたが、

それも、ほとんど食べ尽くしたなぁーと思っていたら、

次にやってきたのが、この梅ジャム ジャム

とってもおいしーです。

それから、アンデスさんが漬けた梅干 

たくさん、頂いた中から 2~3個 お皿にだしてみました。

0812.jpg

その梅干を入れて作った、梅、海苔そーめん アップロードファイル

0814.jpg
さっぱり、すっきりのシンプルなお味です。

そのほかにも・・・・・・・。

0813.jpg

左側は、赤紫蘇酢の結晶化したお塩

右側は、柚子入り化粧水

アンデスさんは、なんでも作りだしてしまう魔法の手の持ち主。


自然栽培で育てた梅 梅や柚 絵文字名を入力してください・・・・・、

自然からの贈り物にアンデスさんの一手間がプラスされると

全てが、やさしく心のこもった品々となります。

本当に、ハートフル  な数々のお土産

毎日、感謝しつつ頂いていますよー。


本日の13月の暦、KIN84 黄色い律動の種

キーワード、同等・組織する・つりあわせる・開花・目指す・気づき

秋なのに夏みかん

0809.jpg

南東の日当たりの良いコーナーに夏みかん??(橙?)の木があります。

2年前に虫 がついて、枝を短く切ったため、その年はまったく実がつかず、

昨年もかろうじて1個のみ・・・・・。

ああ、もう実がつくことはないかなぁー・・?と、ほとんど諦めていたのですが。


なんと、今年は、あちらこちらに、ちらほらと・・・・・。 

9月頃から気づいていたのですが、少しづつ色もついてきました。


IMG_1660_convert_20091013152113.jpg
これは、9月末の写真

0810.jpg
ほぼ、2週間経過後・・・。(色づいているというより、傷?に見えなくもありませんが・・・?)


収穫は、来春 。 2月~3月頃には黄色い夏みかん(橙?)となります。

実は、夏みかん とばかりおもっていたのですが、

ある人が見て、「これは、橙よ 」と言いました。

でも、橙  と言えば、お正月の鏡餅 鏡餅 の上に飾る、お飾りですよね。

我が家の、このみかんは、橙色ではなく、レモンに近い色で、

どうみても、夏みかん的  なんです。

でも、初春に熟するというのは、やっぱり橙  なのかしら?

はっきりしませんが、よく熟すると、結構おいしーい♪ので、

楽しみ、楽しみです。




本日の13月の暦、KIN83 青い倍音の夜

キーワード、輝き・力を与える・行動する・豊かさ・夢見る・直観

秋晴れ・・ご近所散歩・・

0807.jpg

すっきり、さわやか秋晴れ  となりました。

買い物がてら、ご近所の道をカメラ  片手にぶらぶら・・・・

道すがら、家々  の玄関先や軒先に秋のお花が・・・・

なんとなく寒色系が目に付くのも秋  という季節のせいでしょうか・・・・。


0808.jpg


ところで、ご近所さんのお話・・・。


道路を一本はさんだ向かい側の家のご主人  は、


大工仕事  が趣味のようで、日曜や休日になると、かならず、


ガァ~という連動のこぎりや削り器の音  がします。


いつもだと、「あー始まった、あの音、早く終わらないかなぁ・・・」と思うのですが、


なんと、今日のように天気も晴れ  、のんびりした休日には、


「おー、始まった、始まった。日曜大工なんて、平和でいいねぇー」


なんて、まったくいつもとは違う気持ちになるから不思議・・・・。


お天気  が心 にもよい作用を及ぼして、


やさしく寛大になれるようです。・・・・。




本日の13月の暦、KIN82 白い月の風

キーワード、挑戦・分極化する・安定させる・スピリット・伝える・呼吸

えっ、ノーベル平和賞がオバマ氏に・・・?

今日のニュース、「ノーベル平和賞金メダルがオバマ氏へ授与される」 をみて、

あれっ、ノーベル賞って業績をあげた人に授けられるもの?

と思っていたのだけど、違うのかしら????

「核なき平和の世界」を提言しただけで、

今から実行に移す場合でも対象になるんだ?と、ひとしきり疑問に・・・・。

でも、そうすると、対象者は他にも、一杯いるような気がするけれどねぇ・・・・。

へぇ~、なんだか謎?、世の中不思議なことが多いけれど、

理解を超えて、もうよくわからないって感じ・・・・・・。 

これって、わたしだけが感じていることかな・・??? 


0803.jpg

不思議と言えば、台風接近の10月5日、

あたりが燃えるような オレンジ一色に染め上げられて、びっくり!!

0804.jpg

その時、居間でパソコン を見ていたのですが、テーブルも椅子もパソコン も

自分の手足  まで、全てをオレンジ色に染め上げれるほどの強烈な光 ・・・・・。

0805.jpg

あわてて外に飛び出すと、道路も樹木も黄金色に塗りこめられた世界・・・・。

でも、その色彩はなんとなく、不安を呼び覚ます、オレンジ警報のような・・・

なにか異変が起きる予兆のような、そんな落ち着かない気持ちになりました。

世の中の動きを見ても、自然災害や地震が多発して、やっぱり、どこかしら、危うい感じします。


しかし、たとえ、そうであったとしても、


「恐れず、迷わず、どのような時でも平常心を失わず」


なんと、ヨーガの教えが頭の中で響きました。


しっかし、本当に守れるのだろうか???


トホホホホ・・・・・これまたかなり危ういです。

kurikago.gif


本日の13月の暦、KIN80 黄色い月の太陽

キーワード、挑戦・分極化する・安定させる・普遍的な火・啓発する・生命

アンデスさんちのお茶タイム

0802.jpg

まるで絵本の中の住人のようなアンデスさん、そしてアンデスさんの旦那様

みちよちゃんの車  にのっけてもらってお家  へあそびに行きました。

緑生い茂る山際  、木立をすかしてみえる畑は自然農法でいろいろな季節の恵みが・・・

お家の扉は、すべて開け放たれ、緑をわたって吹いてくる風がとても心地よいです。

「さぁ、どうぞ」とお家の中へ入ると、ちゃぶ台の上に

これ???

0797.jpg

なんと、梅干をつけた時の赤紫蘇のお酢。

それを数時間、天日に干すと、水分が蒸発して塩が結晶化 した状態

「なんだかとてもキレイでしょ。これみたらとっても幸せな気分になったの」

とアンデスさんがにっこりと笑う・・・。

写真ではうまく写っていませんが、角度によっては、キラキラ として、

「わぁ~、まるで、アメジストの結晶みたい」とこちらまでうれしくなりました。

居心地の良いアンデスさんのお茶の間でゆったりとリッラクスタイム

おいしいものが次からつぎへと出てきました。

0798.jpg

きゅうりのお漬物と梅干

0799.jpg

お友達が焼いたパウンドケーキ

0800.jpg

焦がした黒豆 (でも、それなりに good なお味でした。)

0801.jpg

沖縄の有名なお菓子で、瓜の砂糖漬け(名前を忘れてしまいました。)

本当に、心豊かなひと時を過ごしました。

アンデスさん、どうもありがとう。


本日の13月の暦、KIN79 青い磁気の嵐

キーワード、目的・統一する・引き付ける・自己発生・触発する・エネルギー

赤紫蘇のティー

0791.jpg

湯気でレンズ が曇り、モァッと写っていますが、

赤紫蘇、しかも葉っぱはもうほとんどなく、穂紫蘇を湯がいて作りました。

これが、なんと素晴らしく美味しい。

紫蘇の葉っぱで作った時よりも、香り高く、味もまろやかなのです。

作り方

赤紫蘇の穂をよく洗って、水から火にかけます。片手なべ

0792.jpg

ぐらぐら沸騰させて、約20分・・・・。漉してみると、深紅の液体が・・・・

0796.jpg

ここへ、クエン酸を極小スプーン1(約3g)
0795.jpg

瞬く間に透明感がでて、クリスタルレッドに

0794.jpg

本当にキレイな赤です。

カンパリソーダの赤とよく似ています。

少量のクエン酸なのに、びっくり!!

クエン酸がない場合には、レモン さとと-レモンでもOK

さらに香り豊かになることでしょう。

う~ん、ルビー色のお茶 紅茶、まろやかですきっとした味わい


癒されますよー。

お隣のお庭に本当に感謝です。


本日の13月の暦、KIN78 白い宇宙の鏡

キーワード、存在・持ちこたえる・超える・果てしなさ・映し出す・秩序

紫蘇の実 ピラフ

0786.jpg

イタリア  原産、カルナローリ米をいただく。

なんでも、リゾットにふさわしいお米 ご飯だとか・・・・・?

少しシンが残るぐらいがおいしーらしい・・・。

・・・・が、なんとなく、シンありリゾット食べたい!という気分ではないので、

炊飯器 アップロードファイルで普通に炊いて、ピラフを作ることにしました。

具材は、赤ピーマン パプリカを細かく切って、昨日の穂紫蘇を入れて塩・胡椒。

オリーブオイル オリーブオイルとバター トーストを半分ずつ使いました。

パラパラとしたバター風味のあっさり味のピラフです。 鍋的なものw 

0787.jpg


0789.jpg

パスタ スパゲティにパラパラと入れてもよし。

紫蘇のスキットした味わいがアクセントになって、

なかなかおいしかったです。



本日の13月の暦、KIN77 赤い水晶の地球

キーワード、協力・捧げる・普遍化する・舵取り・発展させる・共時性

夏の名残・・・紫蘇の穂 

0788.jpg

 の間中、お隣の畑は、赤紫蘇が一面に広がっていました。


風 に運ばれて、自生したにもかかわらず、まるで植えたかのようにお行儀よく生えていました。


イヤァー おかげさまで、7月、8月、ほぼ、毎日のように赤紫蘇ジュースを飲むことができました。


自然からの贈り物に感謝


さて、今は、赤紫蘇の葉っぱは見事に姿を消したのですが、(はぁ~飲みすぎのせい??)


あららら・・・畑の一隅に、取り残しの赤紫蘇があって、ピンク色の小さなお花がなっていました。


そして、青紫蘇も、すっかりと穂紫蘇になっていました。


少し、拝借して、使ってみることにしました。


まずは、テーブルの上に・・・・・・


夏の日向  のにおいと秋  の涼やかさが混ざったような感じです。

0790.jpg

本日の13月の暦、KIN76 黄色いスペクトルの戦士

キーワード、解放・溶かす・解き放つ・知性・問う・大胆さ

秋へと・・・・

                 1atukimi.gif

10月3日は、中秋の名月 冴え冴えした夜空にくっきりとま~るいお月様 。。

透き通ったレモン色の光あたり一面 に広がって・・・・・。

10月4日は、満月のはずが、空一面、雲  に覆われて見えません。

10月5日は、朝から雨、雨、雨 ・・・・・・・。

もう、半そででは、寒くなりました。

一雨ごとに、秋が深まっていくのかもしれません。

秋の初めは、なんとなく物悲しくありますが、

さわやかな空気を吸うと、

ぐーと、お腹かがなる・・・・・。(爆)

あらら・・・・・

食欲 の秋  へと突入

小松菜のパスタ  作りました。


0785.jpg  akatonbo.gif


本日の13月の暦、KIN 75 青い惑星の鷲

キーワード、現れ・仕上げる・生み出す・ヴィジョン・創り出す・心
 

やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

プロフィール

りっちゃん

Author:りっちゃん
2000 年~2002年まで南インド滞在。
ヨーガセラピーを学ぶ。聖地めぐりや神秘的なことが好き。と同時にお菓子作りやお料理も大好き。

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。