スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の危険とは?


「ミッシェル、地球における本当の危険は、

第一にお金、第二に、”政治家”、第三にジャーナリストと麻薬、第四に”宗教”です。
もし、地球の人々が核による大惨事で一掃されれば、死後、彼らのアストラル体は行くべきところへ行き、死と再生という自然の秩序が維持されます。ほとんど人が信じているように、危険は肉体の死ではありません。
それは、現世の人々の生き方にあるのです」

これは、ミシェル・デマルケさんに ティアウーバ星 人、タオが語ったものです。
一見、SF小説のようですが、本人が序文でも書いていますが、小説でもなんでもなくデマルケさんが現実に経験したことが書かれた本、(「宇宙文明」の真相)からの抜粋です。
1987年、当時、56歳のフランス人のデマルケさんはオーストラリアのケアンズの近くで造園業を営んでいました。ある日、突如、高度に進化した惑星からのタオと呼ばれる宇宙人に連れ去られ、その惑星で9日間過ごします。そこで見聞したさまざまな内容を脚色なくそのまま表したのがこの本(ノンフィクション)なのです。
「SF小説ではない」と断言していますし、しかも、それまで、一度も本など書いたことはないそうです。

 
タオの説明によれば、この宇宙には地球以外にも様々な惑星が存在し、進化の段階によって9つのカテゴリーがあるそうです。デマルケさんが旅をした惑星は最高段階カテゴリー9の「ティアウーバ星」で、地球はカテゴリー1の最低段階だそうです。

にわかには信じがたい話ですが、とても興味深くそして特に驚いたのは、第2章の核戦争によって破滅した惑星の話。そこは、地球と同じカテゴリーでしかもその環境が現在の地球とうり二つ。その大惨事はあたかも、地球の近未来を物語っているようでゾクッとしました。この本は、1987年に出版され、日本語訳の第一刷は1997年で、かれこれ、14年前に出版されたものです。その当時において、現在、日本の福島でこのようなことが起きるなんて知る由もなかったことでしょう。

3月11日に起きた、福島原発は、爆弾が炸裂するような核戦争にこそ至っていませんが、燃料がメルトスルーし、高濃度の放射能汚染は日ごとに拡大し、福島県をとっくに超え、日本各地、いいえ、今や国境すら超えて、全世界にまで及びつつあるのはまぎれもない現実です。
ある原子力の専門家は、「これは戦争である」とはっきりと言っています。
地球は311を境に、放射能汚染という中で生き抜いて行くしかない環境となった。それをはっきり自覚するしかない!と言います。

タオが教えてくれているように、物質の最小単位は原子であり、原子力そのものが悪なのではなく、現在の我々のテクノロジーのレベルでは原子力の平和的利用が出来る程の科学力がないにもかかわらず、使用してしまっているところに問題があると思えます。放射能の破壊力は、現在の知られている技術力を遥かに凌駕し、コントロール不能にもかかわらず、なぜ、そのようなものに頼ってしまったのでしょうか?

お金、政治、ジャーナリズム、麻薬、宗教、これらこそが諸悪の根源なのだと指摘するタオの言葉は真実だと思えるし、それらを変えてゆくには、誠実な一個人の気づきから始まるという説明は、バックミュスター・フラーが示唆した内容とも完全に一致します。

我々は自分たちが生きて行く環境を(政治家や一部のエリートに全面的に頼るのではなく)自分でよりよい方向へと変化させる能力と責任がある、
それに気付くこと。
気付いたら、何をするか?
もう人まかせにできないということは、自分で歩み初めるしかないということ。
自分で歩く足があって、それを動かすということ。
誰もそのようにしていなくても、
ひとりでもいいから始めるということ
今、そんな勇気と決断が強く求められているのだと思います。


超巨大「宇宙文明」の真相―進化最高「カテゴリー9」の惑星から持ち帰ったかつてなき精緻な「外宇宙情報」超巨大「宇宙文明」の真相―進化最高「カテゴリー9」の惑星から持ち帰ったかつてなき精緻な「外宇宙情報」
(1997/08)
ミシェル デマルケ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

プロフィール

りっちゃん

Author:りっちゃん
2000 年~2002年まで南インド滞在。
ヨーガセラピーを学ぶ。聖地めぐりや神秘的なことが好き。と同時にお菓子作りやお料理も大好き。

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。